元部下を見舞うことになる

・かつての数少ない部下の一人だったT君が体調を崩し、もはや長くないかもしれないという。

しかも、T君はWジジイの遠縁に当るといいます。

Wジジイがそういのだから……そうなのでしょうね。

遠縁であるがゆえに、T君が病に伏せっていることもWジジイが知り得たのでしょう。

そして、T君は私に会いたがっているということも分ったのでしょう。

私は即座に「行きます」と返答しました。

当然でしょう。 苦楽を共にした人ですからね。

もっとも苦楽の苦はWジジイによるところも多々あります。

で、彼は今どこですか?

Wジジイによると、T君は鹿児島市内の総合病院に入院しているというのです。

……そうか……遠い!

飛行機か新幹線ということになるが、お金がない。

どうしよう

・すぐに行くと言ってしまった。

実際、すぐに行きたい! しかし……

帰ってから妻に相談してみるか

急に暗い顔になり帰ろうとすると、

Wジジイが茶封筒を出して私も一緒に行きたいところだが、

このように体調悪いから……これで1人で行ってきて欲しいと!

封筒にはお金が入っていました。

Wジジイは私が貧乏だということを知っています。

だから、遠縁のT君の見舞いを私に頼むのが辛かったのでしょう。

だから、自分が体調が悪いということにして、

代わりに行ってもらう形にしたかったのです。

でも、急に私とQ前さんがやって来たので、ニンテンドースイッチをやっている現場を見られてしまった。

話がややこしくなったということのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です