信頼なんてもろく崩れ去るもの

・私がモールのフードコートで女史D家族?に偶然居合わせたことは、

さっそくその夜妻に話しました。

妻もきっとその辺の情報を欲していると思ったからです。

しかし……イマイチの反応でしてね。

ふーん……というか、その程度 🙁

私ははしごを外されたようながっくり感、

想定外の反応の薄さに動揺してしまいました。 😆

女史Dやホスト、それにその娘の様子をさらに詳しく話そうとしたのですが……

あっ、そう てな感じで

長年あれほど仲良かったのにねえ

明らかに二人の間はこじれていそうなのです。

しかし……そもそもそれは妻と女史Dが歩んできた人生の中での問題で、

私が割って入るものでもない。

妻の方から相談なりを持ちかけられれば別ですがね。

ということを認識し、その場は悶々としながらそれで終わりました。

・ところが……翌朝です。

出かけようとしていたら、妻が壁に向かって、私に聞こえるような声で、

「あー、貸したお金いつになったら返してくれるのかしら」と!

明らかに5W1Hではないですが、文意は昨夜からの流れで女史Dに貸したものと思われます。

そもそも女史Dは借金までしてホストに貢いだわけですから!

途端に現実が私にもやってきました。

いくら貸したんだろうか?

私の関心はその一点に!

でも、こんな時仕事が……夜聞くしかない、行ってきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

シニアの行動変化

次の記事

金の切れ目は縁の切れ目